top > 売上アップ(ジワリと効く) > ルクアイーレ、オープン。そのとき競合施設は??


ルクアイーレ、オープン。そのとき競合施設は??

販売不振で閉鎖していた伊勢丹が、
「ルクア1100・イーレ」として、リニューアルました。
地下2階、地上10階。大阪駅周辺でも、最大クラスの床面積。

隣の専門店施設「ルクア」が、成功しているので、
それを、さらに拡大したらええ!!(2匹目のドジョウ作戦)で、
ルクア同様、評判の専門店を、いっぱい集めてリニューアルした。

要は、そうゆうコンセプトのリニューアルです。

「1100・イーレ」の由来は、
百貨店の「ひゃく・100」と、
専門店の1000「せん・1000」の融合という意味。

オープン初日の19時ごろ、
仕事帰りに、寄ってみました!

と言っても、
ルクア1100のオープンの影響を受けるであろう、
ライバルの商業施設が、どんな手を打っているのか、どんな状況なのか?を、
この目で確かめるのが、コンサルタントの主たる目的。

イーレの店内は、ささーっと見る。
ここは、いつでも、見ることができます。

しかし、ライバルの商業施設のオープン当日の状況は、
この日だけしか、見ることができません。

大丸百貨店の4階・婦人服フロア、この通り。
葬儀葬祭業経営コンサルタント中西正人(百貨店)

繁盛していると言われているグランフロント南館の3階すら、この状況。
葬儀葬祭業経営コンサルタント中西正人(グランフロントの2階)

ライバル店対策は・・・、ほとんど実施していません。
大企業は、こんなもの?
「相乗効果で、いずれウチも儲かるから・・・」という判断なのか?

裏で、紳士協定が結ばれているのかな?
イーレの運営主体は「JR伊勢丹」なので、
JRの駅直結の2施設としては、JRに遠慮しているという「大人の事情」?

あらゆる仮説が思い浮かびます。

コンサルタントのアタマのなかには、
相手のオープンという逆風を活かして、
自分も儲けちゃう戦術が、グルグル巡っています。

・・・・
そう言えば、
大塚家具だって・・・実に、オイシイ。
この逆風は、ビッグチャンスですよね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページトップ

TOPへ戻る